プリンターでDVDラベルを印刷

年末に白DVD-Rを買ってきたのでデジカメのデータをバックアップしました。 去年買ったプリンターはDVDラベルの印刷もできるので加工してみました。 最初のだけフリーソフトでトライしたら印刷面がズレてがっかりしたので キャノン純正のソフトを落としてやり直したら、綺麗に仕上がり。 結局7枚に収まりました。 1997~2007年は1枚に入ったものの年々容量が多くなって、 昨年のデータは2枚になりました。 それでも他の家庭よりは少ないのかも。 とりあえずハードディスク以外にもバックアップできましたが、 もう少し時系列にまとめるとかしておきたいです。 せっかく、キレイに印刷できるプリンターがあるんだから、DVDラベルも印刷したいですし。

年賀状の印刷

一週間ほど前から憂鬱だった年賀状作りに着手した、と言うか作り終えた。 年に一度の年賀状作りは写真を入れるかイラスト、文字は?とレイアウトを検討するのも面倒だし久々に使う作成ソフトの使い方さえ忘れてる。 最近は家庭用プリンターの質が上がってきているので、キレイな年賀状が作成しやすい。 でも、写真をキレイに印刷するには、専用のインクでないと駄目だし、インクの消費量が多いしで、結構高くつく。 業務用のレーザープリンターなら、オフセットで印刷しても家庭用より安く綺麗に仕上がるのでは? ネットでの年賀状印刷も増えているし、これからどんどんネット印刷が増えていくんだろうな。

電車のマナーのポスターが個性的です

電車や駅に貼ってあるマナーの広告で、個性的で気に入っているものがあります。 花くまゆうさくさんのイラストで、アフロヘアのおじさんと禿げているおじさんが描いてあります。 毎回、電車や駅での迷惑行為をストレートだけどユーモアのあるおラストで表現してあって感心しています。 大きなリュックをしょったまま電車で立っている人、キャリーカートで周囲の迷惑に気づかない人、電車内で飲食を平気でする人…すべて不愉快な人たちが、なぜかおかしいんです。 描いてある人たちがみんな笑っていないのも面白いです。 迷惑な人たちは、迷惑とは思わず淡々とした無表情で、迷惑を被っている人たちは困惑しているのに何も言えなくて固まった顔。 この表情の描き方が、日本人をよく表していると思います。 海外だったら、みんな我慢せずにすぐ注意するので、こういう風景は見られないでしょう。 色使いもきれいで楽しく、迷惑な人に優しく注意を呼びかける感じで、すごいセンスを感じます。 町内会のごみ問題で近隣住民のマナーを疑うことがあります。 それって、大人としてどうなのか?と。 私も印刷関連業の端くれとしてマナー啓蒙のポスターを作成してゴミ捨て場に貼りだすくらいのことはしたほうがいいのでしょうか。 幸いなことに、大判出力の価格はそこまで高くはないんです。 来年になったら動き出してやろう。 来年の目標です!